• ホーム
  • 不感症の女性への対応の仕方

不感症の女性への対応の仕方

男性と性行為をするときに、気持ちいいとオーガズムを感じなく濡れない事から不感症かもしれないとお思いになる女性も多いとは思います。
膣で感じない場合は膣不感症とも言われています。ですが、女性だけの問題だけでなく男性との相性というのもあります。
女性が気持ちいいと感じる前に男性が先にオーガズムを感じて勝手に終わらせることもあります。
性行為はお互いが刺激をしあって気持ちよく楽しむ定義があります。男性側の独りよがりの対応では、女性は気持ちいいといった感覚にはなりません。
男性も女性が気持ちいいと喜んでくれるような愛撫であったり刺激をしてあげましょう。
ゆっくりじっくりマスターベーションを行ってあげれば、女性がリラックスもして気持ちいいと思えるようになり不感症ではなくなる事がります。
性行為に対して経験不足であったり、緊張をしていると体がこわばり性感帯が濡れにくいという定義はあります。
男性は女性の反応を見ながら、性感帯を刺激していってあげましょう。男性が性器を挿入して出して終了では、女性は物のようでかわいそうです。
女性の体にはたくさんの性感帯があります。代表としてはGスポットやクリトリスですが、個人個人によっていろいろあるので男性はそれを探るように対応してあげる事をおすすめします。
そもそも性行為に対していいイメージがないと濡れにくい状態になり、挿入時も痛いだけの思いをすることになります。
それでは性行為自体が嫌いになってしまいがちなのでよくありません。
体と体の関係は男女のコミュニケーションのようなものなので、お互いがお互いを気持ちよく思いやる気持ちが大切です。
そういった気持ちになる事でマスターべーションに費やす時間の思いや刺激の仕方も違ってきます。
お互いがサービス精神をもって相手を喜ばすようにしかける努力も必要です。その方が相手の事をより愛おしく好きになれるはずです。
感じない、濡れないと直ぐに不感症とお思いにならない方がよいでしょう。

オーガズムに達せないのは不感症ではない!

男性との性行為をしてオーガズムを感じないと、濡れてこないので不感症とお思いになる女性がいるかもしれませんが、そうとは限りません。
まだまだ、ご自分の体の事をご存知ないだけの場合があります。つまり経験不足という事です。
男性は小学校高学年から夢精をして体に変化が起こり、オナニーを行ってゆくのが一般的な流れです。
女性の場合は、生理がきて大人の体に変化はしてゆくのですが、性行為に対しての対応はあまりしてない場合が多いです。
オナニーをして自分の性感帯を探していないという事です。
女性もオナニーを行い自分の気持ちいいと思える性感帯を見つけさえすれば、不感症でなくなる場合がおおいにあります。
自分で自分の体を研究する必要がありますし、性行為をする場合に、積極的に男性に刺激をしてもらったり愛撫をしてもらうように誘うテクニックも必要です。
男性は女性が気持ちいいとあえぐ姿を見るのもたまらなく好きでしょうから、女性もHに対して積極的になった方がお互いが楽しめます。
そうすることで、オーガニズムもより感じやすく体が反応して濡れやすくもなります。緊張するとどうしても体がこわばるので、体が反応しにくくなり濡れにくいのです。
自分の体の研究と経験を重ねてゆくと、性行為も男性以上に楽しくなるようです。性行為は大人の快楽であり、お互いが楽しみながら気持ちよくなってゆくようにする努力が必要です。
実際に気持ちのよいセックスを行っている女性は幸せホルモンが分泌され、お肌も綺麗になり体も女性らしい体に変化してゆきます。
血行もよくなるようで免疫力が上がり病気もしにくくなります。もちろん気持ちのよいセックスの場合です。
嫌々行った場合は幸せホルモンどころか、ストレスになるのでやめた方がよいでしょう。