• ホーム
  • バイアグラジェネリックのカマグラとカマグラゴールド

バイアグラジェネリックのカマグラとカマグラゴールド

EDはかつては改善が難しい症状とされていましたが、現在では良い治療薬が開発され、良い改善を得られる人が増えています。
現在では様々なED治療薬が登場していますが、やはり最初に開発されたバイアグラは知名度も高く、現在も人気の高い薬です。
こうした薬は医療機関で処方してもらうことができますが、保険適用の薬ではありませんので、どうしても価格は高くなりがちです。
そして、薬を飲んでいるときだけの効果ですので、性行為のたびに薬が必要となり、その費用で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
より安く治療を行うのであれば、バイアグラジェネリックにも注目したいところです。ジェネリックは新薬と同じ成分で作られており、同じ効果効能を得られる薬となっていますが、開発に多くの費用を必要としませんので、より低価格で購入できるというメリットがあります。
バイアグラジェネリックではカマグラやカマグラゴールドが特に人気となっています。カマグラとカマグラゴールドはどちらが良いのか、どんな違いがあるのかも気になるところですが、カマグラもカマグラゴールドも実は同じ薬です。
ゴールドという名前がついていることから、よりパワーアップされた商品というイメージもありますが、輸出用をカマグラ、国内流通用をカマグラゴールドと名称を変えているだけで同じ薬となっています。
それゆえ購入する際もどちらを選んでも問題ありません。
カマグラやカマグラゴールドの主成分はバイアグラと同じくクエン酸シルディナフィルとなっており勃起不全の原因となるPDE5を阻害し血管を拡張して正常な勃起をサポートしてくれる薬です。
バイアグラと同じ成分で、同じ効果を期待できながらもかなり低価格で販売されており、こちらを服用している人も多くなっています。
医療機関では取り扱われていない薬ですが、個人輸入で入手することができます。医療機関に通う手間がなく、薬が入手できるのも便利です。

カラグラやカマグラゴールドを服用してはいけない人

カマグラやカマグラゴールドを購入すればED治療にかける費用をより抑えることができますが、やはりこうした薬を服用してはいけない人もいますので、健康に不安のある人、現在治療を受けている人はよく確認しておくことがおすすめです。
まず、バイアグラは禁忌があることで知られていますが、同じ有効成分で作られたカマグラも同じように禁忌があります。
バイアグラを服用してはいけない人にはまず、心臓病がある人、高血圧がある人があげられます。
心臓病があり、性行為がふさわしくないと診断されている人はもちろん、硝酸剤や一酸化窒素供与剤を飲んでいる人は禁忌となっていますので、勝手な判断で服用しないようにしましょう。
そして高血圧の人は血圧を下げるために降圧剤を飲んでいることが多いですが、クエン酸シルディナフィルには血圧を下げる作用もありますので、降圧剤と併用すると血圧が下がりすぎてしまう可能性もあります。
そして血圧が高いまま性行為を行うことも健康に良いこととは言えません。
このほかでは重度の肝障害がある人や脳梗塞、脳出血、心筋梗塞などの既往歴が6ヶ月以内にある人も薬の服用には慎重になる必要があります。
正しく使えば安全性の高い薬ですが、薬にはどんなものでも副作用がありますので、使用は慎重に行いたいところです。
あらかじめ医師に相談しておくとより安心して使用することができますので、健康に不安があるという人はもちろん、初めてED治療薬を使う場合は、現在健康に問題がないという人もより安全に使うなら一度診察を受けてみてはいかがでしょうか。
高血圧や心臓病以外でも使用がふさわしくない例もありますので、健康状態は隠すことなくできるだけ正確に伝えておきましょう。