お知らせ
黄色の錠剤と瓶

男性は加齢やストレスなど様々な原因によって勃起不全の症状に陥ることがありますが、パートナーがいる場合は単に男性だけの問題に留まりません。
性交渉が満足にできないことでパートナーとの関係が悪化することもあり、生活の質にも影響するため楽観視できません。このような場合に役立つのが、レビトラなどの勃起不全治療薬です。
正しく使用することで勃起不全を改善することができる救世主のような存在ですが、まだ使用したことが無いという人も多いでしょう。
レビトラはどんな薬なのか、他の治療薬とどこが違うのかなどの基本情報を知っておくと、いざという時に役立てることができます。
意外と手軽に入手できるので、あらかじめ基礎知識を付けておくようにしましょう。

レビトラとは

レビトラは勃起不全を改善する治療薬のことで、他の薬と違って食事の影響をあまり受けないという特徴を持っています。
糖尿病患者の場合は特に他の治療薬よりも高い効果を得られるという報告もあり、新しいタイプの勃起不全治療薬として注目を集めています。
レビトラはバルデナフィルという主成分で構成されており、勃起を阻害する酵素の働きを邪魔することができるので効果的に症状改善が可能です。
基本的に食事に効果が左右されることがないのでいつでも服用できますが、やはり即効性や効果の強さを求める場合は空腹時に服用するのが良いとされています。
服用してから効果が持続するのは約5時間から10時間ほどで、含有する有効成分量に応じて時間の長さには差が出ます。

日本では今のところ5mgと10mg、20mgという3タイプが承認されていますが、確かな効果を得るためには10mgか20mgが望ましいです。
10mgだと最長で約6時間、20mgの場合は約10時間ほど効果が続きます。継続時間は個人の体質や調子などにも左右されるので、全員がこの持続時間を維持できるわけではありません。
服用方法は至って簡単で、1回1錠を性交渉の1時間前までに服用します。
服用後は約15分から遅くても30分程度で効果を発揮しますが、これ以上時間がかかることもあるので余裕をもって服用しておいた方が良いでしょう。
1日に服用できるのは1回までで、24時間経過したら次の1錠を服用することができます。副作用のリスクが高まるので、くれぐれも24時間以内の連続服用は避けてください。

レビトラ服用における注意点

レビトラは他の治療薬と比べて、注意点が多いことでも知られています。
特に注意が必要なのが、服用時に一緒にグレープフルーツを食べることです。
グレープフルーツは血中の薬の成分濃度を高める効果があるので、一気に薬が効きすぎて重大な副作用が起きてしまう危険があります。
また、服用すると心臓に大きな負担をかけてしまうため、心臓に持病を持っている人や治療中の人などは基本的に使用できません。
レビトラの成分を体外に排出するために肝臓が活発に働く必要もあるので、肝機能障害があったり先天的な不整脈を持つ人なども控えた方が良いでしょう。

ここ半年以内に血管系の疾患で脳梗塞や心筋梗塞などを発症した人、さらに低血圧もしくは高血圧の人なども服用できないので注意が必要です。
これ以外にも使用が禁忌となっている疾患や症状はいくつかあるので、服用前に必ずかかりつけの医師などに相談する必要があります。
一般的なレビトラの副作用としては、身体が火照ったり目が充血する、動悸や頭痛、めまいなどが挙げられます。
これらは他の治療薬でも見られる副作用なのですが、いずれの症状も成分が排出されるに従って軽快していくので心配ありません。

ただ、1日経っても症状が良くならなかったり悪化していく場合、早めに病院を受診するようにしましょう。
副作用が怖いという場合は、ペニソールという精力剤もあります。
ペニソールは医薬品ではないため副作用も発生しないので安心です。

レビトラを通販で買うことは違法ではない

レビトラは非常に効果が高く頼りになる薬なのですが、わざわざ病院へ行って医師の診察を受け、処方してもらうことを面倒に感じる人も多いでしょう。
しかも処方の場合、病院にもよりますが基本的に保険は適用されず、1錠あたり1,500円から2,000円という非常に高い費用がかかります。
これに診察費用がかかるので、トータルで考えるとかなりの経済的な負担になってしまうでしょう。

このような場合にお勧めなのが、レビトラを通販で購入することです。
医薬品を処方以外で入手できるのかと驚く人も多いでしょうが、最近はインターネットの普及により、個人が海外から医薬品を購入して利用するケースが増えています。
また、このようなED治療は病院に行くことや、その事実を誰かに見られるのではないかという羞恥心から、「レビトラは通販一択!」と言う人も多いです。
さらにそれを考慮して、通販でも「中身の見えない(わからない)梱包」をしてくれる業者が多いです。

通販では基本的に海外から個人的に輸入するという形を取るため、非常に安い価格で購入することができます。
例え医薬品であっても、それが個人利用目的であれば輸入をしても全く違法にはなりません。
もちろん誰かに転売して儲けるために輸入すると、法律違反となって処罰の対象になります。
あくまでも自分で治療などに使用する場合に限り、違法ではないと覚えておきましょう。

ただ、誰でも好きなだけ輸入できるわけではありません。
1度に輸入できる量や金額にはある程度制限があり、だいたい1ヶ月から2ヶ月分相当量であれば問題なく輸入できます。
これを無視して大量に購入しても、税関などで引っ掛かって没収されたり高い関税をかけられる可能性があります。
お金より違法行為をしたと言う事実の方が問題なので、必ず購入する量には注意しておきましょう。

個人輸入とは言っても、実際には言葉の問題や海外の業者とのやり取りなどハードルも高く、知識のない一般の人が直接輸入するのは難しいです。
このため、基本的には個人輸入を代行してくれる専門業者を利用することになります。日本語のできる海外の業者が代行することもありますし、日本法人が代行業を行っているケースもあります。
間に専門業者を挟むと彼らの転売に当たり、自分も違法行為の片棒を担いでしまうのではと心配する人もいるでしょう。
実際には、注文を受けると代行業者はそれを海外の医薬品販売業者に伝え、販売業者が直接注文者へ発送するという方法を取っています。
代行業者は代行の手数料を受け取ることで利益を得ており、決して薬の転売で儲けているわけではありません。
あくまでも注文者と販売業者の仲介をしているというスタンスなので、代行業者を利用したとしても違法行為に加担する心配はありません。

ただ、中には大量に注文した在庫を持ち、そこから注文者へ発送している悪質な代行業者も存在します。この場合は代行ではなく完全な転売となり、日本の法律に違反するため絶対に利用しないようにしましょう。
荷物が手元に届くまで異様に早かったり、安すぎる価格設定の場合はこのように違法な営業をしている可能性が高いので注意が必要です。
こちらはレビトラの通販が出来るあんしん通販マートというサイトです。レビトラの通販に興味がある方は検索してみるとよろしいです。
通販で医薬品を買う場合は日本語でしっかりと重要事項が明記されているかも重要な点になります。

個人輸入サイトからレビトラを入手されるならこちら
即効性のあるレビトラを通販で購入

レビトラジェネリックも通販に売っているのか

レビトラは先発品と呼ばれる薬であり、莫大な開発費を回収するために価格も割高となっています。
これに対して、後発品であるジェネリック医薬品というものがあります。
ジェネリックは先発品を参考に作られているため開発コストがかからず、その分安く購入することができるので非常にお得です。
レビトラにも数種類のジェネリックが存在し、ほとんど全て通販で販売されています。有効成分は同じで、違うのは製造ラインと添加物など効果に影響しない部分だけです。
効果や安全性もしっかり検証されてから流通しているので、レビトラと同じように使用することができます。

ただ、残念ながら日本ではまだレビトラの特許が終わっていないので、ジェネリックを入手することはできません。
ところがインドの法律では、全く同じ有効成分を持つ薬だとしても、製造方法が異なれば特許に関わらず製造することが認められています。
インドで製造されたレビトラのジェネリックなら、様々な製薬メーカーから何種類も作られています。
もちろん日本では承認されていないのですが、個人輸入では多くの商品が取り扱われているので注文が可能です。
かなり低価格で購入することができるので、先発品の高さに悩んでいる人は検討してみると良いでしょう。

レビトラジェネリックの紹介

人気のある代表的なジェネリックとしては、まずバリフが挙げられます。
知名度もあり普及していたのですが、有効成分であるバルデナフィルに新しい特許が発生したため、今後は製造することができなくなりました。
メーカーでは既に製造中止が決まっているので、在庫があるうちに注文しておいた方が良いでしょう。この薬は、レビトラと違って有効成分の配合量が20mgのタイプしかありません。
配合量が多すぎるので、慣れないうちは半分に切って服用したほうが良いでしょう。1錠あたり約160円から200円と、レビトラの10分の1程度で購入できます。
ブリトラというジェネリックも20mgタイプのみで、1錠あたり150円から200円前後です。
数あるレビトラのジェネリックの中でも、特に安い価格が特徴です。この他、10mgタイプが欲しい場合はサビトラというものもあります。
10mgと20mgがあり、140円から230円ほどで購入することができます。20mgタイプをわざわざカットするのが面倒という場合は、こちらにすると良いでしょう。

最近人気を集めているジェネリックに、スーパージェビトラがあります。
この薬は、有効成分としてバルデナフィルだけでなくダポキセチンという成分も配合しています。
ダポキセチンには早漏を防ぐ効果があり、これを服用すれば勃起不全だけでなく早漏まで改善することができるので非常に便利です。
両方に悩みを抱える人にとって非常に魅力的な薬なのですが、1錠で約500円ほどするので注意が必要です。
それでも病院でレビトラを処方してもらうより半額以下で済むので、安いことに変わりはありません。

レビトラを通販で買う前に本物が届くのか口コミを確認

インターネット上には数多くの医薬品個人輸入代行業者が存在していますが、残念ながら中には悪質な業者も紛れ込んでいます。
通販を行うために必要な一般用医薬品に関する販売許可を取得せずに営業していたり、代金を振り込んだものの商品がいつまで経っても届かず、全て海外業者のせいにするなど様々なトラブルが存在します。
安全性がハッキリしない粗悪な偽物を堂々と取り扱っている業者もあり、健康被害も発生しているので注意が必要です。
体内に摂取する医薬品は健康に影響する重要なものであり、本物か否かは非常に重要な問題です。
安さにつられて購入したが偽物が届いたというケースも珍しくないので、トラブルに巻き込まれないようにするためには購入前のチェックが欠かせません。

偽物を取り扱わず、確実に本物を届けてくれる業者を見極めることが大切です。
そのためには、まず業者の運営法人や会社の所在地、営業許可証の番号や内容が記載されているか、薬剤師が関わっているか等を詳しく確認するようにしましょう。
良心的な業者の場合、自主的に医薬品の成分調査などを研究機関に依頼して、偽物が紛れていないか定期的にチェックしているところもあります。
レビトラの場合も商品ページに品質保証の検査証などを提示しているところもあるので、積極的に安全管理に取り組んでいる業者を選ぶようにしましょう。
ただ、業者側が提供する情報だけでは本物かどうかの判断には不十分です。
嘘をついている可能性もあるので、やはり実際にその業者が取り扱うレビトラを服用した、経験者の口コミを確認することが大切です。
医薬品の通販の普及に伴い、インターネット上には数多くの口コミが寄せられています。
レビトラの販売ページにはほぼ確実に利用者の口コミが掲載されているので、時間の許す限り内容をチェックしてみましょう。

口コミで見るべきポイント

口コミで注意すべきは、良い評価ではなく悪い評価を見るということです。
服用しても効果が無かった、外箱がレビトラの正規品と違っていたなどの口コミがある場合は偽物の可能性が高いので要注意です。
多くの良い評価が寄せられている場合でも、業者側のサクラの可能性もあります。
悪い評価にこそ真の利用者の口コミが存在するので、業者ごとに悪い評価を必ず確認するようにしましょう。
口コミは実際にその業者でレビトラを購入した人しか投稿することができないので、高評価を付けるサクラ以外に関係ない人が悪い評価を書き込むことはできません。

実際の利用者の素直な感想を知ることができるので、非常に参考になります。
効果や梱包などについて悪い口コミがあっても、ごく少数の場合はそこまで心配する必要はありません。
しかし、レビトラの良い評価と比べて明らかに悪い評価の方が多い業者の場合、本物が届かない可能性が高いので利用しない方が良いでしょう。
余裕があれば、業者の販売ページだけでなく、一般の医薬品通販の掲示板やSNSを見てみてください。
悪質な業者の名前や偽物の製薬メーカー名など様々な情報が寄せられているので、大いに参考になります。